3日目 9月9日Mon.「積丹雲丹と炭坑夫焼鳥」

13hkd_12鼻の先っちょが冷えて一度夜中に目が覚めたけど、温泉で暖まっていたので、冷えて眠れないということはなかったです。朝5:30、朝の早くに到着した山屋さんのクルマのエンジン音と一番離れたテントからの猛獣のうなり声のような大きないびき(笑)で目が覚める。おはよう、アンヌプリさん。 夜露と結露で濡れたテントを芝のサイトからアスファルトの駐車場に広げながら、徳島から車中泊で山登りしながら旅をしているご夫婦と立ち話ののちお見送り。 昨晩すぐ横にテント設営していたのは若い大学生くらいの男の子2人組でした、彼らは管理人さんが来る前にそそくさとテントを片付けて函館ナンバーのレンタカーで出て行きました。いくら貧乏旅行でもそれはないんじゃないかなぁ。 干してる間に朝ごはん、と思っていたら「コーヒー入れましたけどいかが?」と島根と石川からバイクで来ているアメリカ人のおっちゃんらと一緒に朝ごはん食べることに。そのお一人が猛獣のうなり声の人でした(笑)。大学と高校の英語教師をされている彼らは日本語が堪能だったのでまともな会話が出来たのでした。

13hkd_11

朝のお楽しみにした末武のフルーツケーキも、おいしかった♩どっしり重めな生地にどっさりのフルーツとナッツで満足度高し。 と、なんだかんだでのんびりしてしまい、せっかく早く起きたのに出発は8:30と遅め。お天気もいいので積丹半島目指してニセコパノラマラインを下ります。残念ながら羊蹄山は雲に隠れて見えなかった…。

13hkd_13

涼しい晴れなので、ほんとに気持ちのよいツーリングで一気に積丹岬まで走ってしまい。

13hkd_15

昨年あまりにも駐車場に車多くてパスした島武意海岸(しまむいかいがん)へ。補強してあるのが余計に怖いちいさなトンネルを抜けたそこに広がる断崖とびゅーちほーな積丹ブルーの海岸!うーん、すばらしい♩と景色を堪能したいたら観光バスの団体さんが到着したらしく、あっという間に展望台は人でいっぱいに。海岸まで降りると登るのに大変そうなので細いトンネルをつぎつぎいらっしゃる団体さんと入れ替わりに駐車場へ向かいます。

13hkd_14

小樽でお昼ごはんにしようかと思ったけれど朝が早かったせいか11:00にはお腹も空いてきちゃたので、せっかく積丹にいるならと「みさき」さんでとることに。海鮮丼2100円と自分的にランチとしては大奮発です(笑)でも北海道の食っぽいわ〜。食べ終わってお茶をのんびり飲んでたら、続々と乗用車やバイクがやってきてあっという間に店内は満席に。 店の表のベンチで休憩していたら「一緒にお昼でもどうですか?」とメールしていおいた小樽のyasupaさんから返信が。「ごめん!早起きだったので、お腹空いちゃって、さっきお昼食べちゃった」「じゃあ、お茶でもしましょ」とやり取りをして一路小樽へ急ぎます。でも、道路工事や工事車両の速度遅めの車で思うようなペースで走れず、約束の時間より20分ほどお待たせしちゃって待ち合わせの小樽運河へ、観光客が大勢で車の往来も多いのでどこにバイク停めようか悩んで観光船乗り場そばの駐車場へ来たところ、奇遇にもその近くで待っていたyasupaさんに捕獲されちゃった(笑)。バイクは駐車場へ停めて(1日200円)、yasupaさんの車に乗って小樽の街へGo。

13hkd_16

ツタでもじゃもじゃの建物が渋い喫茶店の「叫児楼」さんへ。ナポリタンの匂いがする店内の急な階段を昇って3階の席に着いてアイスコーヒーをオーダー、なんちゃってオールド風のインテリアでなく、ちゃんと何年もかかってたくさんの人が使ってテカテカになった木のテーブルや椅子、古い鏡、銅のマグカップで出てくるアイスコーヒー、絶滅危惧種な昭和の喫茶店の風情です。この日はお仕事かと思っていたyasupaさん、今日はたまたま休みでお家にいたそうです、1年ぶりだけど元気そうでなにより、今年も日高エンデューロの裏方仕事で忙しそうです。のんびりおしゃべりして、15:00にバイクを停めた駐車場まで送ってもらって、今度はナポリタン食べたいねと約束して小樽を離れます。発ってから気がついちゃったんだけどカメラ持って小樽運河いたのに全然写真撮ってなかった!まあ、初めて来た訳じゃないしいいか(笑)

明日は帯広のnaoさんと飲み会の約束をしているので、おなじく参加予定の江別のあとむちゃんと一緒にツーリングしながら行こうよ!ということで、今夜は泊めてもらうため、小樽からまっすぐ江別のあとむちゃん家を目指します。通勤渋滞にはまるのを避けるために17:00前に札幌通過すべくどこも寄り道せずに16:30に到着。今年もお邪魔しますね、とお土産に倶知安の末武さんのお菓子をつぶれないようにコッヘルに入るだけの少しばかり。荷物を降ろしてあとむちゃんの愛犬、陸をモフモフひと休みさせてもらって、あとむちゃん夫妻と3人で「福よし」さんに夕ごはんに出かけます。

13hkd_17

美唄焼き鳥がウリの居酒屋さんで鶏のいろんな部位(もも、皮はデフォでレバー、きんかん、ハツ、砂肝はランダムに)と玉ねぎのねぎまの塩焼き鳥なんだけど、美唄の炭坑夫向けに強い塩がうってあるのが特徴です。しょっぱ!と言いながらビールがぐいぐい進みます。この焼き鳥をお蕎麦に投入して食べるのが『とりもつそば』だそうで、投入前と後と食べてみたところ、甘めのそばつゆが鶏の味と強めの塩で締まっておいしくなったよ! あとむちゃんの家に戻ってからは、翌日のルートを考えもせずにおしゃべりしまくって眠くなって寝ちゃうのでした。 晴れ ニセコ五色温泉〜岩内〜積丹〜小樽〜江別 212km

コメント

  1. あとむ より:

    お土産ありがと~(^^)
    島武意海岸のトンネル怖いよねw
    今度は、三船にも行こう!

    • emi emi より:

      あとむちゃん、数日滞在して知ったけど
      江別もお菓子屋さん多いからお菓子のお土産微妙だったかな?と後から思ってました。
      三船の元祖美唄やきとりも食べてみたーい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です