1日目 9月7日Sat.「東北道ひた走り」

13hkd_01出発前に用意した荷物をまとめ7:30に練馬区のひみつ基地を出発、目的地は千代田区某所。
仕事のトラブル対応のため用意していたMacBookに入れたお仕事のデータに不備があったので職場へ立ち寄るハメになっていたのです。とほほ。
苦手な都心の運転だけどこれから天気の崩れる早朝の街は車も少なめで、いつも平日はいっぱいのバイク駐車場はガラガラ、初めて機械式の有料駐輪場使ったよ。
スムーズに所用を済ませてバイクに戻る途中、駐車違反取締りのグリーンマンの出撃時間だったようで何組もすれ違い、ちゃんと駐車場へ停めてよかった~と、ひと安心。駐車料金を支払って出庫、いよいよ旅開始!
R4昭和通りを北上して草加インターから東北道へ、今日は初めての仙台からの太平洋フェリーなのです。曇り空だし、単調で苦手な高速巡航だけど旅の始まりのテンションの高さで歌っちゃいながら(潮騒のメモリーver.鈴鹿ひろ美)けっこういいペースで北上。

せっかく仙台まで行くので、事前にFacebookで仲間のライダーさんにいろいろ東北のおいしいものを教えてもらっていたうちのひとつ、福島のお菓子「凍み天(しみてん)」を食べに国見SAのフードコートへ。凍み天はよもぎ餅をあんにしたドーナツで、ひとつ食べちゃうと多いかなと「ミニ凍天ソフト」の「ミニ」だけが目に入ってオーダー、ソースはチョコとキャラメルが選べるので、お店のおねえさんのおすすめのチョコソースに。あれ…出て来た「ミニ凍天ソフト」はミニなのは凍み天で6個も入ってる!凍み天1個より多そうだし、上に乗っかったソフトクリームもふつうに1人前ありそう…「ミニ」という文字にだまされた(苦笑)!でも甘すぎず素朴なドーナツに苦みと香りが適度にきいたよもぎ餅、そこにソフトクリームと甘いチョコレートソースがマッチしておいしかったです。が、満腹(笑)。

13hkd_02

おかげでお腹が空く前に仙台へ到着してしまい、しかも国見で霧雨だった雨も本降りになってきてしまい、しぶしぶレインウェアを装着。
とどめに音楽やナビの音声ガイドを聞くためのイヤホンコードが断線してしまい、急遽イヤホンコードを求めに仙台市内のヤマダ電機へ。
そんなんで時間もあんまりないし、お腹も減らないし、せっかく着たレインウェアを脱ぎ着するのも面倒になってしまい、行く気まんまんだった牛タンのお店に行く気がしょぼしょぼと消滅、少し早いけど港に向かうことに。

フェリーターミナルで受付の列に並んでいたら、その前にちょこちょこメッセージをやり取りしていた仙台在住のu~saさんがお仕事帰りにお見送りに来てくれました!しかも東北のおつまみセットのお土産まで!
3年ぶりにお会いしたけどお元気そうでなによりです、今度は埼玉某所のお坊さんの新居祝いに押し掛けましょう、と勝手に約束して分かれて、私はいよいよフェリーに乗り込み19:40の定刻通りに雨の仙台を出航。

13hkd_03

初めて乗る太平洋フェリーは赤が基調なインテリアのせいか、いつも乗る商船三井や新日本海フェリーに比べると豪華な感じが。特に一番使う商船三井はトラックドライバーさん仕様なので必要最低限の設備しかないから余計そう思うのかも。でも、乗ったら飲んで寝るばかりなので変わらないのだけど(笑)

13hkd_04

B寝台の女性専用客室は12ベッドの列が3列の36ベッドと大きめのお部屋。
同室のお客さんは3人で私は1列あてがわれたので、ごめんなさいと思いつつ他のお客さんが通るわけでもないので、手すりやはしごに濡れたウェアをあちこちにぶら下げて乾かします。あー、とても見苦しくてごめんなさい。
雨と汗でべったりな身体をお風呂でながして、夕ごはんは思いのほかミニ凍天ソフトが腹持ちがよかったので、u~saさんのおみやげをあてにビールで済ませて22:30には就寝。
久々のロングツー、しかも初日から400kmと長距離走ったので腰とおしりが痛いよ…。

晴れのち雨 東京〜仙台 403km

コメント

  1. あとむ より:

    口ずさんだ「潮騒のメモリー」は、やっぱり鈴鹿博美の若いころバージョンだよね(笑)!!

    • emi emi より:

      あとむちゃん、そうそう若い頃バージョン!このときは海女カフェでの『潮騒のメモリー』はまだ聴いてなかったからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です